宇宙に関する一考察

宇宙に関する考察

宇宙1 宇宙を記述するための数学に関する考察1

皆様、はじめまして。ノヴァカと申します。
日本の栃木県在住です。
早速、宇宙について語っていきます。
宇宙を語るにあたり、大体こういう感じで語ると思うことを
書いておきます。

言葉や記号はできるだけ中学生あるいは
勘の良い宇宙に興味のある小学生5,6年生
ならわかるように語りたいと思います。

「宇宙の話をする」
とすると
疲れた方がスピリチュアルな要求を宇宙に
求める場合が考えられますが、スピリチュアルな内容を
求めている方は今すぐこの文面から離脱していた
だくことを勧めます。
またここでは、火星の地表面についてとか、オリオン座の形について
などといった各個の宇宙の姿を語ることはありません。
とにかく、宇宙のしくみについて
考究していくこととします。
そして説明内容をできるだけわかりやすく語ろうと思うので
余談が非常に多いと思います。

それではここから宇宙に関する考察を始めていきます。

宇宙のことを語る上で身近な道具である科学は物理か数学
だと思います。そこでその宇宙を語る道具である
算数や数学や物理について考えていこうと思います。

数に関して私たちは、最初

1、2、3、4、・・・という数字を習います。

さらに2+3=5 といった足し算を中心に引き算、掛け算、割り算を習います。

そして4-4= を満たす答えを出すために0を習います。

さらに2÷5= を満たす答えを出すために 分数や小数を習います。

それから中学校では 

2×1=2
2×2=4
2×3=6
 ・
 ・
 ・

と、2に何かをかけるのを全部書くのは面倒なので

2×y=8

などといった文字の含まれる式(関数)を習います。

余談ですが、例えば 3+4=7 というのは

さんたすよんはなな と読みますが、

これはできれば3と4を足したものは7と同じなんだよ

と感じた方が良いと思います。

どんなに難しい式でもそんなふうに感じながら

話を進めていけばわかりやすいと思います。

2×y=8  の式をよく見ると

左の辺(左側の2×yの部分)と右の辺の8は同じなのだから

同じ左右の両辺を同じ2で割っても同じだろうということで

2×y ÷2 =8 ÷2

左辺は2÷2の部分が1になりますから y になりますので

y=4  というふうに方程式を解くことを習います。

後々詳しく書いていくつもりですが、

その後も負の数や有理数や無理数の概念、

高校に行くと 三角関数や指数対数など

そして大学に行くと 複素平面や解析などを習っていきます。

まぁ、ここまでで言いたいことはとにかく数に関する性質を

たくさん習うし、いろいろあるということです。



いろいろあるということですが、ここでもう一度最初に戻ってみます。

数に関して私たちは、最初

1、2、3、4・・・・という数字を習います。



ここである疑問が沸きませんか?



1って何?  って思いませんか?

今回は初回で長くなりましたのでまた次回につづくとします。

Top|Next »

HOME

この人とブロともになる

QR