宇宙に関する一考察

宇宙に関する考察

宇宙2 宇宙の誕生3

こんにちは、ノヴァカです。

宇宙を考えるとき、もっとも障害になるのは
人間の感覚だと思っています。
人間の感覚はすごくあいまいだと思います。
あいまいなことは良いときもあります。
子供の時は苦いものが苦手な傾向が
あると思います。それは苦いものには
食べると危険な食べ物が多いから、
それは食べてはいけないという本能的な
制御だったりします。
子供たちがこれは苦いから食べないと
いうと、大人は苦いものは子供は食べない
と思いますが、実は子供の食べるものでも
苦味を感じさせる成分がたくさん入って
いるものがあったりします。

私たち生命は経験的にこの世界はこういうものだ
というふうに思い込んでいる世界があります。
しかし、つきつめるとこの世界は
人間の感覚とはかけ離れた状態にある
と言わざるを得ないのです。

さて、前回までのおさらい。
最初の宇宙の誕生は時間と線
が不安定に存在している状態で、
その中には宇宙を構成するための
情報が詰まっている。
 
ここから今回の本題。
ところで今回は初めて開闢(かいびゃく)した
宇宙からの話になりますが、
この先から我々の宇宙が
誕生するまでは難しく長い割には
あまり面白い話ではないので、
今回はさらっと簡潔に記述していきます。



この記事は書きかけです。

Top

HOME

この人とブロともになる

QR