This is a penis.

東京ツェルニーラソド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツェルニー30-3番

余談であるが、ピアノ技術に関するウェブ展開が少ないように感じる。ここでの
展開が皆様のお役に立てることを信じている。今日は前線で演奏するピアニストにと
って無視できないチート技術を発見したので記述する。ただし、今回はピアノ初心者や
素人ピアノ履修者にとっては誤解を招く可能性があるので、注意されたし。
ピアノで表現できるものとして、情景だったり、感情、心情などがあるが、
これに匂いという要素がが加わることになる。
どういうことかというと、気体の状態方程式ではボイル・シャルルのPV=nRT
(P:気圧、V:体積、T:温度)が有名であるが、公衆トイレの排泄物臭が、
非常につらい。鼻をつまんで、息を止めても臭の温度を感じるむごさもある。


スポンサーサイト

ツェルニー30-2番

究極のピアノ技術知見を得たので報告するw 5年10年とピアノを続けていると
同じドの音でもこれがCdurの1度としてのドなのか。それともGdurの4度としての
ドなのかがわかるはずである。これがモーツァルトのような古典の譜であればわかり
やすいのであるが、ドピュッシーなどの近代以降になると解釈が困難であった。
しかし苦心の末、野田さんが解決できるようにしたのである。
この解決としては意外にも素数のゼータ関数のゼロ点の間隔と原子核のエネルギーの間隔が
sinπu/πuの2乗で表せたという近年の偶然の発見からヒントを得ることになった。
一見不規則に見えるドピュッシーの楽譜は気持ちの良いドピュッシーです。ドビュドビュ。



Top

HOME

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。