This is a penis.

東京ツェルニーラソド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルグミュラー 進歩

ブルグミュラー 進歩のポイント

1.祝 動画復活
2.愛と恋と夢と希望
3.とにかくもう少し涼しくなってやってくれ
4.チンポじゃないよシンポだよ 進歩

スポンサーサイト

シュレディンガーの猫

ピアノ物理学は相対性理論が重要であるが、しかしどんどんミクロにつきつめていくと
量子力学という別の科学に突き当たる。究極に細かい世界では
エネルギーを観測すると位置が測れず位置を観測するとエネルギーが観測できないという
矛盾が生じる。これはシュレディンガーの猫として皮肉られることが多い。
かのアインシュタインも初期では「神はサイコロを振らずポコチムを振りました」
とのたまわれている。
しかし、今回初めてピアノ物理を考える人にとってはこの形容も難しいので
ノーダはもっとわかりやすく説明できたい。
つまりポコチムと一緒だ。どういうことかというと
他人のポコチムをズボンの上から触るとき
触れるまでポコチムが起っているか柔軟剤かわからない。
触れることではじめて感度が伝わる。
これをシュワルツシボルト半径という。

力のモーメント

ピアノを弾く上で実はピアノ物理学は大変重要だ。
いかに効率よく鍵盤に力を与えるかが大切かは言うまでもない。
今回はピアノ物理学の基本中の基本 相対性理論について語る。
まず特殊相対性理論の世界ではすべての事象は光速を超えないとする
「光速度不変の定理」というものがある。
50キロで走っているバスの中で5キロで進行方向に歩いている人を
バスの外から観測するとその人は55キロで進んでいることになる。
それでは、光の速さで走っている宇宙船のなかでピュッて射精している人の
精液の速さはどうなのか?射精している人からすると精液は
10キロのスピードで進んでいるようにみえるが
宇宙船の外から観測すると精液は光の速度のままである。
つまり、ポコチムの先端にへばりついているように見える。
射精人と観測者の見え方の矛盾はどう解決されるのだろう?
それは二人の時間の進み方が変化することで解決されるのである。

Top

HOME

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。