This is a penis.

東京ツェルニーラソド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイエル13番

バイエル13番です。

例えばdx/dyのようにどんどん小さく考えていって
カオス化して、膨大な計算に途方にくれたり(微分幾何学)
挙句の果てには量子力学的に確率でしか
考えられなくなったり、(量子力学)
反対にトポロジーのようにざっくり
宇宙の形を8パターンにしてみたり、(位相幾何学)
大統一理論で行き詰ったりするよりは(相対性理論)

もっとフレキシブルに複雑化して真理に近づけないか
という問題である。
そこでノヴァカ的には
素直に置換する幾何学
オネストマッピングロジー
略して オマグロジー
を提唱する。

どういうことかというと
例えば1+1と言われれば
大概2と答えるであろうが
まだ足し算を知らない人はわからないだろう
あるいは足し算を知っていても普通に
間違えて、2とか3とか
答える人がいるかもしれない
あるいは10進法とは限らないから
解なしとか わからないと
答える人がいるかもしれない。
そもそも1+1=2ですよと教えて
全員が同じ意見を共有することは
その方が不自然で、
1+1=2と考えるのではないく
(1+1)N(x)=Z()
と考えるのが自然ではないかということである。

どういうことかというと
1+1 という問題(原因)に対して
N(x)変換する( 読み方:ノヴァカ変換)
それによりえられたZ()は現実のすべての事象が解となる。
z()は解というより現実である。

量子力学や相対性理論のように
マクロ化やミクロ化すると結局壁に突き当たることになり
理論から検証が困難になっている。
これをなんとかするには
実際に起こっている原因から不変真理と仮定する。
ノヴァカ変換の結果は実際に現実に
起こっていることであるから
間違えるということがありえない

つづくかもしれない





« バイエル14番|Top|バイエル12番 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hyougennoziyuu.blog.fc2.com/tb.php/127-6ed99e71

Top

HOME

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。