宇宙に関する一考察

宇宙に関する考察

宇宙1 宇宙を記述するための数学に関する考察5

皆さん、こんにちは。ノヴァカです。

最近は、一日100時間くらいほしいなと思います。

さて、前回までのおさらい。

ということです。

さて、今回から宇宙と形を語って行こうと思ったのですが、
そのまえに主観数のふるまいについて追記。

主観数の定義に従えばざっくりいうと1は大きくなったり
小さくなったりしますが、それはちがう個体にたいしてだけ
ではなく同じ個体でも時間とともに変化しうるということです。
変化するというと1の価値がかわるのかというとそうでは
ありません。なにしろ1は1なのです。
ところが同じ1なのに客観数と違う性格があらわれます。
まずは分配法則がなりたたない。
客観数では2+3=3+2ですが、
主観数ではそれが成り立ちません。
位置を変えることはできない(非可換)です。
これらの具体的な振る舞いについては
また後で詳しくお話ししようと思います。

ということでここから今回の本題です。
宇宙と形について話します。誤解の無いように
いっておくと今回話すのは宇宙の形ではありません。
宇宙において形とはどう考えるかということです。

小学校の教科書にはこれは三角形だと書いてあります。

もうここまで書けば勘の良い人ならノヴァカが
何を言おうとしているかわかりますかね。
まぁ、続けます。

中学校の教科書では三角形の性質についてたくさん学びます。

例えば上の三角形みたいに一つの辺とその両端の角度が
等しい三角形は重ねてもぴったりの同じ形ですよ、とか。

高校に行くとさらに技術的な三角形の性質について学びます。

例えば上の図のような一見こんなことを考えて誰が得するんだ?
というようなことを学びます。

まぁここまでは1って何?のときと似た構成になってしましました。
と考えると今回は三角形って何?となると思いますか?ね。


こちらの絵をごらんください。



これはノヴァカ画伯作 「夜空」 です。 
この絵を見てほしいわけではなくて、
この絵を見て夜空を連想していただきたい。
次はこちらの絵です

これはノヴァカ画伯作「電子顕微鏡で見たウイルス」です。

さてさて 三角形と夜空とウイルス。
こう考えてみてください。
我々の身近にあるもので屈指の大きいものと言ったら
夜空じゃないですか?もっと大きいものあります?
まぁ あってもなくてもよいのですが、
夜空をみて直線ってありますか?
ないです。星が点状に見えるだけだと思います。
え、流れ星?ノヴァカは見たことないけれど、
あれって岩石が落ちているだけだから
そういうふうに見えるだけでしょう?
もっと時間を短く区切ったら、ただの玉だと思います。

さらにさらに、今度はみじかにあるかどうかは別として
まぁ、視覚的に感じることができる身近なものとして
一番小さいものは電子顕微鏡で撮影されたもの
ではないでしょうか?
これも曲線はたくさんありますが、
直線はありません。

つまりこうです



我々の住む宇宙に完全無欠の直線はない!

本当?

では今回はこの辺で。 また続きます 次回 お楽しみに!

« 宇宙1 宇宙を記述するための数学に関する考察4|Top|宇宙1 宇宙を記述するための数学に関する考察6 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hyougennoziyuu.blog.fc2.com/tb.php/146-13ebdaf2

Top

HOME

この人とブロともになる

QR