宇宙に関する一考察

宇宙に関する考察

宇宙1 宇宙の歴史1

皆さん、こんにちは。ノヴァカです。
コナンドイル原作の小説での主人公曰く
「不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、
 それが真実となる」
まさにその通り!と思います。

今回から宇宙の歴史と題して、
わかりやすく宇宙の成り立ちを
紹介していきたいと思います。

できれば最初から紹介したいのですが、
いきなり最初からいくと
想像すらできない方もいると思いますので、
まず、今の宇宙のことを考えて、
わかりやすそうな範囲でさかのぼっていき、
それから逆転して最初から
詳細に順を追っていくことにします。

それではまず、今の宇宙には何があるか
ということを考えます。

携帯電話 とか 食べ物 とか 
あとはなんだ、テレビ、パソコン、水、
鉛筆、紙・・・・

まぁ、ひとまとめにすると 「物」 ですね。

あとはなにがある? 何もないと思いますか?

当たり前すぎて気づきにくいものがあります。

ひとつめは 「時間」 です。

あとは 「空間」 です。

他に何があるでしょう。
私たちが呼吸ができるのは
「空気」があるからですね。
それからそれから
「熱」 とかありますよね。
冷蔵庫の中は冷たいけれど
夏は外が暑いとかね。
ガソリンを燃やして
熱がエンジンを動かしたりして
「動力」 になりますよね。 
それからそれから
「重力」 などもあります。
あとは、あとは、
朝 太陽がでてきて明るくなるのは
「光」 があったりするからですね。

普段、私たちが生活するうえで感覚的に
必要なものは「パン」や「飲み物」
かもしれませんが、
それは当然、
時間、空間、空気、熱、動力、重力、光・・・
などがあるから、
生活できるのですね。
他にも、音とか、色とか
挙げるときりがありませんが、
今ここで挙げたものを例に
考えていきたいと思います。

朝、パンと飲み物を朝食でとって
おなかを満足させる。
パンと飲み物。
宇宙を考えるとき
パンと飲み物は同じと考えます。
パンと飲み物が同じだって??!!
味だって違うし、食感だって全然違うよ!
と思うかもしれません。
しかしこれは物理学という世界では
同じものでできていることになっています。
このあたりの説明は
だいぶ後でお話ししようと思いますが、
こういうふうに説明すると想像しやすいと
思いますが、
パンも牛乳も、ご飯も卵焼きも
食べて、体からでてきて
また、地面に戻ったら、
大体同じように思いませんか?
あ、食事中なら失礼・・・

そんな下品な話、急には信じられないかもしれませんね。
でも、これを信じなければ
宇宙の本当の姿に近づくことはできないのです。
今、パンも牛乳も同じと信じられないようなことを言いましたが、
実はパンも空気も宇宙では同じものと考えます。

え?パンと空気が一緒?
ノヴァカという人は気でも狂っているのではないか
と思う人がいるかもしれません。

では、では、もっとおかしなことを言います。

パンも空気も熱も重力も光も

「同じなんです」

さあ、さあ、もうこんな話付き合っていられない
と思うかもしれません。
うーん、どうしよう。ここはアインシュタインさんの力を
借りるとしましょうか。
実はノヴァカはあまりアインシュタインさんのことを
知らないのですが、有名な方なのです。
アインシュタインさんの話をする前に
最初のころに
3+2=5は
さんたすにはご と読みますが、
これは
「3と2を足したものは5ですよ」と感じてください
といったと思います。
このことを思い出していただいたうえで
アインシュタインさんの考えた有名な式で


E=mcの2乗 という式があります。

こういう式を見るとアレルギー反応がでる
という方もいるかもしれませんが、
まぁ、まぁ落ち着いてきいてください。

左のEというのはエネルギーのことです
mというのは質量のことです。地球上では重さのこととおもって
いただいて結構です。
Cというのは光の速さのことです。
難しい解釈はのぞいて簡単に言うと
エネルギー=質量

つまり

「エネルギーと質量は同じことです」

と言っています。
一見、想像を超えるような内容に感じるかもしれませんが、
考えてみてください。
おなかがすいているときに
ご飯をたらふく食べたら体が温かくなるでしょう。
重さのあるご飯が熱のエネルギーになっていると
感じませんか?
そして、田んぼの稲は太陽からの熱のエネルギーがなければ
成長しないですよね。
そう、重さのあるご飯と熱エネルギーは
交換可能なものなのです。

質量とエネルギーは交換可能で、
そもそも同じと考えるように、
宇宙の歴史をさかのぼることは
今あるもの、パン、飲み物、空気、熱、重力・・・・
とにかくこういったものが、
もともと一つだったと考えていく
ことでもあります。

今回は絵が少ない割には長くなってしまいました。
次回も宇宙の歴史をさかのぼっていきます。 お楽しみに!

« 宇宙1 宇宙を記述するための数学に関する考察8|Top|宇宙1 宇宙の歴史2 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hyougennoziyuu.blog.fc2.com/tb.php/150-898f2343

Top

HOME

この人とブロともになる

QR