This is a penis.

東京ツェルニーラソド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイエル16番

バイエル16番です。
この辺りはさくさくと
しかし、確実に行きましょう。

誤解している人が多いのですが、
ベビーユニバースとか、孫宇宙とかを考えるときに
別宇宙が現宇宙と同じ規格で存在していると
考えている人が多くて
想像力不足が否めない。
無時間宇宙だってあるだろうし
0次元、1,2次元空間宇宙だってあるだろう
ただ5次元空間宇宙はないと思う。
あってもおかしくないが、
5次元以上の空間宇宙はうつくしくないし
理論的にはかえってシンプルすぎて
多様な宇宙は表現できない。
重力子がない宇宙もありえる
そのかわりマンコ子があって
基本的にぷかぷか浮いているのだが
チンコとマンコだけがひきあう
宇宙もあるという意味では
5次元以上はあってよい。
それはさておき
ユーティティボックス空間は
空間的には0次元で
その他も0次元なのだから
次元系統とは別の
次元を発生させる部位が
宇宙の始まりであることは
ホーキング博士も知らないだろう

バイエル15番

バイエル15番です。14番を超えるとしばらく
難しいところはないように思います。
もちろん14番ができていればの話ですが。

ピタゴラス律以前のピアノ調整というのは
ないのですが、
意外にも話としては
日本の昔話になります。

弥生時代以前、倭の民たちは
どんなものにも宿る神がいると
考えていました。

例えば避妊ですが、
今ではコンドームを使いますが、
昔はコンドームがありません。
そこで好きでもない相手と
やって㊥だししてしまったときは避妊の神様に祈るのです。
この頃の妊娠は
㊥だしした際
体の中に妊娠の神と避妊の神が宿り
戦うとされていました。
この戦いを妊娠の神は戦うときに
今の平均律のドに近い音をだし
避妊の神は今の平均律のミに
近い音を出し3度の倭音が
誕生したと言われています。
倭製音律にレが少ないのは
この為です。

バイエル14番

バイエル14番です

バイエルは106番までありますが
106番中一番難しいのはこの14番です

さてどうしてドレミファソラシドなのかということです。

まず、ラが440Hzです。
440Hzというのは
一秒間に440回波が振動していることです。
調律のあった楽器でㇻを出すと
その楽器は1秒間に440回震えるのです。
そうするとそれに共鳴して
空気が440回震える
そうすると私たちの
鼓膜がそれに共鳴して
440回震える
鼓膜が440回震えると
1回震えると
電気が1回発生し
440回発生すると
440個のパルスがシナプス後電位として
発生し神経組織を電線に通るように
脳まで伝達される。
こうして我々はラとして感じるわけである。

ピタゴラスは考えました。
440HzをAとしたとき
この波の数を小さくしたり
大きくしたりすると
音が低くなったり高くなったりしているが
互いに素な関係から
これで音楽を作って
なんとかマンコが見れないだろうか?
なにしろ、
男性はマンコが見たいわけです。
ところが女性はなかなかマンコを見せてくれません。
男性としては女性が好きなわけではなく
女性のマンコが見たいだけなのですが
高い拝観料をとるために
人質ならぬまんこ質をとっているようなものだと
ノヴァカは思う。

バイエル13番

バイエル13番です。

例えばdx/dyのようにどんどん小さく考えていって
カオス化して、膨大な計算に途方にくれたり(微分幾何学)
挙句の果てには量子力学的に確率でしか
考えられなくなったり、(量子力学)
反対にトポロジーのようにざっくり
宇宙の形を8パターンにしてみたり、(位相幾何学)
大統一理論で行き詰ったりするよりは(相対性理論)

もっとフレキシブルに複雑化して真理に近づけないか
という問題である。
そこでノヴァカ的には
素直に置換する幾何学
オネストマッピングロジー
略して オマグロジー
を提唱する。

どういうことかというと
例えば1+1と言われれば
大概2と答えるであろうが
まだ足し算を知らない人はわからないだろう
あるいは足し算を知っていても普通に
間違えて、2とか3とか
答える人がいるかもしれない
あるいは10進法とは限らないから
解なしとか わからないと
答える人がいるかもしれない。
そもそも1+1=2ですよと教えて
全員が同じ意見を共有することは
その方が不自然で、
1+1=2と考えるのではないく
(1+1)N(x)=Z()
と考えるのが自然ではないかということである。

どういうことかというと
1+1 という問題(原因)に対して
N(x)変換する( 読み方:ノヴァカ変換)
それによりえられたZ()は現実のすべての事象が解となる。
z()は解というより現実である。

量子力学や相対性理論のように
マクロ化やミクロ化すると結局壁に突き当たることになり
理論から検証が困難になっている。
これをなんとかするには
実際に起こっている原因から不変真理と仮定する。
ノヴァカ変換の結果は実際に現実に
起こっていることであるから
間違えるということがありえない

つづくかもしれない





バイエル12番

一応ピアノは練習しています。
で通常動画を貼って文章添付しないと
ただの変態だと思われてしまうので
そうしてきましたが、
だんだんそう思われてもいいや
という感じで楽な方に流れています。

そう、変態で思い出したのですが
今日はセンター試験ですね
 明日数学が新聞にでも載ると思うので
毎年恒例で解いてみようと思う。
2年前のセンター数2は0点でした(笑)
基礎的なものができないのに
数論もトポロジーもないと思われても
仕方ない。
(ここからはペテン的言い訳)
だがしかし!
稀代の天才たちは成績が優秀だっただろうか?
いや、そんなことはない。
むしろ試験は悪い方だった。
天才と評されるのはノヴァカ的に言うと
視点の違いですね。
チョコレートを見て
甘い、おいしい、癒される・・・・
ととるか
C<nH<2nO・・・ 融点45.3°、有抗菌性・・・
ととるか
前者を語っておけば日本では間違いないが
人類を語るときは後者が光る。
大体、子供たちがネバーランドで夢見るように
男性もオマンコランドで夢見ているんだ。
テストの他人の評価なんてどうでもよい!

あれ、素数について語るの忘れた。


« Prev|Top|Next »

HOME

この人とブロともになる

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。